アメリカで最も治安が悪いデトロイトのまとめ




◆アメリカで最も治安が悪いと言われているミシガン州デトロイト

暴力犯罪の多さや高い失業率、人口の減少や金融危機の影響から米経済誌フォーブスでは惨めな米都市1位に選ばれた。

図1

photo by googlemap

 

1980年代、自動車工業の不振や治安悪化などから人口が減少し、現在貧困率、凶悪犯罪発生率ともに全米1位。
中心街はゴーストタウンとなり、荒れ果てた状態である。

8224843205_9b11bfe9b6_o (1)

photo by Mike Boening Photography

 

◆もともとは発展した工業都市だった

1960-70年代、米国の自動車製造の一大中心地だったデトロイト。
1903年ごろ、全米一の自動車工業都市として発展していた。全盛期には180万の人口を越え、そのほとんどが自動車産業に関わっていた。

 

◆日本の車産業発展に押され、デトロイトは落ち目に

6603174423_bdab8e887e_o

photo by PROShannon O’Toole

1970年代頃日本の高度経済成長とともに、安価で安全、コストパフォーマンスに優れた日本車が発展した。
同時にそれは、世界的に自動車工業を中心として発展していたデトロイトにとって大打撃であった。
デトロイトの自動車企業は日本の車産業発展と同時に、景気低迷、社員を大量解雇した。
下請なども倒産が相次ぎ、市街地の人口流出が著明に。
日本がバブル絶頂期だったころ、デトロイトはどん底に陥った。

2842648029_74f9177237_o

photo by  James Wang
  

2009年の米国のデトロイト自動車製造の中心であったゼネラルモーターズ破綻をきっかけにクライスラー破綻、デトロイト都市の復活は悲観的に。

 

9185389402_75505bff3b_o

photo by Mike Boening Photography

◆現在のデトロイトの統計

子供の6割は貧困生活、市民の半分は読み書きができず、住宅の1/3が廃墟化している。市民の失業率は約20%である。

 

◆日本では信じられないデトロイトの現状

・殺人事件の70%は未解決

⇒ていうかほとんど解決していないんですね。

・米国の地図からデトロイトを消す可能性がある

⇒本気で検討されているようです。

・警察も一緒に麻薬売買する

⇒もう警察じゃなくなってる

・高校をでれる子供は10人に1人

 

 

6924666559_c680910b9c_o

photo by  PROThomas Hawk


◆どこかが栄えれば、どこかが衰退する

デトロイトは日本の車産業の成長とともに、世界的に中心となった車産業の役割をなくしてしまい、結果として地域ごと衰退していしました。

2009年、リーマンショックの打撃を受け、日本やアメリカが大恐慌に苦しんでいるとき、

中国や韓国は劇的に発展していましたね。

結局のところ、経済の主力は奪い合いのようなものなのでしょうか。

今デトロイトの現状だけを見ると、怖い場所なんだなー、くらいにしか思いませんが、

歴史を振り返ると自分の国もその原因に関わっていたってことなんですね。

なんだか複雑な気持ちです。


You may also like...