仕事選びの新基準~このふたつを守れば大きな失敗はしない~




 

■就職活動、転職を考えているあなたへ

就職活動、転職先探しって大変ですよね。

もうそれは結婚相手探しをしているようなもので、

たくさんの企業から、ブラック企業、ホワイト企業を見極め、

壮絶なエネルギーを投入して面接にこじつけ、

スーツを新調し、面接がおわればクリーニング屋へ直行。

考えただけでも、新しい仕事選びって大変です。

でも失敗したくないですもんね。

仕事を探せば探すほど、

失敗したくないがゆえの福利厚生だの、離職率だのって、気になることばかり。

でも、

転職、就職のとき、ぜったいこのふたつの新基準を守っていれば、

「やめときゃよかった」っていう

おおきな失敗や後悔にはならないですよ。

379627227_ee93f7e486_o

PHOTO BY brandon king

 

新基準1:お金を払ってでもしたいことをできる企業を選べ!

これって盲点なんですよね。

求人をみればみるほど、給与や福利厚生、年間休日、賞与などに

目がいきがちです。

気づけばそこしか見なくなってしまう。

いくらお給料がよくても、

毎日が苦痛で楽しくない仕事なら、

ストレスがたまるし、ストレス発散にお金を使ってしまって、

もとも子もありませんよ。

自分がお金を払ってでもしたいことが

職場でできれば、

それは仕事ではありません。

ただの趣味です。

趣味で食っていけるなら、いいじゃないですか。

自分の好きなことだけをできる職場ってなると

条件は厳しくなるかもしれないですが、

例えば絵を書くのが好きならゲームデザイナーや

ウェブデザイナーなど、

“絵をかくのが好き”というひとつの趣味から、

いろんな仕事へ派生するわけです。

その“好きなこと”から仕事選びをぶれさせてはいけないわけです。

きっと仕事自体が大変でも、

毎日する仕事のなかで自分が好きなことがひとつでもあれば、

息抜きになるんです。

 

新基準2:“人からみたあなたの特徴“と“職場“の適合性をはかれ!

あなたは自分をどういう人だとおもっていますか?

それと対照に、あなたをよく知るひとにあなたはどういう人だとおもわれていますか?

ここでいう“ひとからみたあなたの特徴”つまり“あなたの評価”は、

あなたの才能です。たとえそれが悪口でも。

もし、「わたしってどういうひとにみえる?」と誰かに聞いて、

わるい答えがかえってきても、

それが第三者からみたあなたの評価であり、

他者から買われた才能でもあるんです。

5405555817_2376e93f4b_o

Gioia De Antoniis

 

例えば、

「あなたって性格きついし、デリカシーないよね」

っていわれてもショックをうけないでください。

ひとのわるいところと、いいところなんて、

表裏一体なんですよ。

「性格きついし、デリカシーない」人は、

「まわりの目を気にせず、自分の意見をはっきり言える」人でもあるんです。

芯があるひとです。

つまり、自己主張がはっきりできることが、

才能でもあるわけです。

「性格きついし、デリカシーない」っていわれて、傷つくことはありません。

あなたの才能に気づかせてくれた人に感謝しましょう。

自己主張できる人を求める、職場の求人を探せばいいことです。

その職場であなたは重宝されるでしょう。

この“他者評価”は誰でも、どんな評価でも当てはまるんです。

コミュニケーション能力が低いといわれた人は、

一人でもくもくと何かをするほうが向いている、とか。

積極性がないいわれた人は、

逆に慎重性がある人でもあります。

積極的にがつがついけるっていうことは、

慎重性に欠けているわけでもありますからね。

 

■転職、就職活動の新基準のまとめ

転職、就職活動のときは、この基準をもとに、

仕事を探してみることをお勧めします。

新基準1:お金を払ってでもしたいことをできる企業を探す!

新基準2:“人からみたあなたの評価“を武器にしろ!

あなたの生まれもった才能と、したいことがマッチングした仕事が

みつかるといいですね!


You may also like...