看護師の転職なら日勤のみシフト固定の仕事を徹底して進める理由




 

■看護師が転職するなら日勤のみシフト固定を選べ

看護師のみなさん、今このページを見てるってことは、

転職をお考えでしょうか?

もしいまの職場を退職することを考えていて、

今後の働き方に迷っているなら、

わたしは、転職先の勤務条件として、

「日勤のみ」

「シフト固定」

の仕事をオススメします。

 

15412652736_7500f65518_o

PHOTO BY Raphael Chan

■なぜ「日勤のみ」「シフト固定」が良いのか

看護師のみなさん、

看護師につきものの夜勤が、どれだけ女性であるあなたの魅力を

下げているかご存知ですか?

若い間は気づかないけど、

年々増えてくるシミ、しわ、肌のくすみ。

夜勤という変則勤務は、女性ホルモンを多いに見出し、

女性の美しさを減少させてしまいます。

146532561_999253a013_o

PHOTO BY Pierre Tourigny

もちろん、出産を予定しているのであれば、

女性ホルモンの乱れは、妊娠にも影響をきたします。

二交代の看護師を現役から続けているひとの平均寿命は

約60歳と看護学会が発表していました。

それだけ看護師の夜勤というのは、

女性の体に負担をかけているんですよね。

もちろん、夜勤手当はだいたい1~2万くらいつくので、

「夜勤しないとお給料減っちゃうから!」っていう人結構多いんですよね。

 

でも、

寿命を60歳くらいまでに下げて、

女性としての魅力を激減させる夜勤を、

たった1~2万の手当のためにする必要ってあるんでしょうか?

だったら、日勤だけの仕事で、

月何回か、アルバイトでもしてる方が、

健康的で、女性としての美しさも維持できて、安定しています。

またシフト制という働き方は、

そうでない働き方に比べて、ストレス度が高いと統計があります。

急なシフト変更にも対応せねばならず、かつ休みにくい。

予定もたてにくいことから、働いている人は気づかないかもしれませんが、

ストレスになっているのです。

 

シフト固定だとそういったストレスにさらされることなく、

自分の趣味やリフレッシュを予定しやすかったり、

休みもとりやすかったりします。

一見、高給にみえる看護師の仕事。

お給料がいいからなんて、なんでも我慢していても、

実際は割にあっていないことが多いです。

それでも一番割に合う働き方として、提案できるのは

「日勤だけ」「シフト固定」です。

本来夜勤でもらえるであろう手当くらいの収入は、

少しのアルバイトでカバーできます。

 

看護協会の年々の発表や、雇用に関する統計を考察すると、

「日勤だけ」「シフト固定」が一番、自分のライフスタイルを充実させられて、

かつ収入もそれなりに維持できる働き方になると思います。


You may also like...