好きな男子の意中の相手を知る!魔法の心理学




7914619340_7b1d29f246_o.jpg

好きな人の好きな人とは…

好きな人ができたらその人のことをたくさん知りたくなるもの。その中でもその人の好きな人は誰なのか気になりますよね。今回はそれをチェック項目にし、心理的行動を心理学にもとづいてお伝えしますので、いくつ当てはまるかチェックしてみましょう!

話している仕草や体勢でチェックする

人間は話すことは意識して思っていることと違うことを言うことができます。しかし、仕草や体勢などは無意識に反応することが多く、意識的に直そうとしてもふとした瞬間に出てきます。そんな仕草や体勢をまとめてみました。

髪の毛を触る

基本的に髪の毛を触る仕草をしている時は緊張感を感じていることが多く、その中でも後ろ髪をポリポリとかいている仕草をしている時は照れ隠しや好きな人を前にして緊張している可能性があります。

つま先や腰の向き

下半身は深層心理が出やすく嘘がつきにくい部分です。きちんと向いているほど、その人が好き、もしくは脈アリなサインですのでここは要チェックです!

よく目が合う

人間は五感の中で特に視覚に頼ることが多く、情報量の割合は8割を占めるとも言われています。そのため、好きな人を目で追って見ようとする傾向があります。ただ目が合うのではなく、横目でちらっと見ていたり、伏し目がちに見ていたりするようなら好きな人である可能性が更に高まります。

目を見つめて話を聞いている

男性は自分の事ばかり考えており、他人の話に興味や関心を示さないことが多いのですが、その人のことをよく知りたいと思う気持ちが行動にも表れてきます。熱心に話を聞いているほどポイントが高いです。また、わかりづらいですが好きな人と話していると瞳孔が開きますので、このタイミングで一緒にチェックしてみましょう!

自分と同じ仕草をしている

人間は自分の好きな人と同じでありたいという心理があります。心理学では仕草をマネすることを「ミラーリング」と呼んでいます。他にも仕草だけではなく、食べているものやアクセサリーなどをマネされると親近感を抱いているということになりますので、よく観察してみましょう!

距離感でチェックする

学校や会社、飲み会などで気付くといつも距離が近くなっていると思う時は要チェックです。人間は好きな人に対して自然と距離を縮めようとする性質があるからです。また、パーソナルスペースという、動物で言うと縄張りのような領域があり、嫌いな人がその領域にはいると嫌悪感を示しますが、好きな人がはいると高揚感があったりドキドキしたりします。人によって大小はありますが、以下の距離を元に相手の男性と周りの人の距離をチェックしてみましょう。

0~45cm

この距離は恋人領域と呼ばれています。もしあなたに対して好きな男性がこの領域にはいってきたら、あなたに対して安心感を抱いていたり、もっと心の距離も近づけたいと思っていたりします。その為、とても期待度大です!

45cm~1.2m

この距離は友だち領域と呼ばれています。よくも悪くも文字通りの意味ですので、仕草や振る舞いから判断してみましょう。

言動でチェックする

「話している仕草や体勢でチェックする」の項目で「人は話すことは意識して思っていることと違うことを言うことができる」と書きましたが、ふとした瞬間の言動から好きな人がわかるポイントもあるのでそれをチェックしてみましょう。

笑顔で話しかけられたり質問されたりする

ポイントは何気ない質問の数です。あなたがその男性を好きなように、その人も好きな人のことを知りたいものです。ですので、その質問が多ければ多いほど好きな人である可能性が高くなります。

褒められることが多い

日本人は褒めることが苦手ですが、それでも褒めるということは好きな人である可能性が高いといえます。直接自分に言われることだけではなく、好きな男性が他の人と話している中でも褒めていれば更に可能性が高まります。

まとめ

好きな男性にどれだけ当てはまりましたか?あなたと好きな人がより親密になれるよう、心理学を利用し好きな人と関わることもできますので、上記チェック項目を応用して素敵な関係を築いてみて下さい!


You may also like...