彼女と別れたいとき、相手を傷つけないで別れる方法




出会いがあれば別れが必ず訪れます。

「新しく好きな人が出来た」、「愛が冷めた」や「彼女のこんなところが嫌で付き合いきれない」など理由は様々あるかと思いますが、付き合っている彼女と恋愛の終わりを予感した時、あなたはどんな別れを切り出しますか?別れを切り出すのは辛いですし、出来れば避けたい事ですよね。

特に最悪なケースは、相手が納得できずに、別れ話がこじれてしまい、ストーカーになったり、暴力的になったり、また、下手な別れ方をしてダラダラと体だけの関係が続いてしまったりと、とにかく面倒なトラブルは避けたいですね。
初めに言うと、傷つかない別れ方というものはありません。

好きあっていた者同士、好きな気持ちがどちらかに残っていたら、必ず傷つきます。

特に、付き合っていた時間に比例して思いも複雑になると思います。

しかし、別れた後、彼女が傷ついたとしてもきちんと彼女が別れを受け入れて、前向きに進んでいき、傷が残らない方法はあります。
あなたが関係をハッキリさせて、新しい恋愛に進みたいと彼女との別れと決めたのであれば、出来るだけ相手を傷つけない方法、トラブルにならない方法をご紹介します。

 

恋愛

 

1、別れを決めてから、すぐに別れを切り出さない

別れると決めてからすぐに、別れの話を切り出さないでください。

ちょっと前まではラブラブだったのに、なんで?何が理由なの?など、相手の方はパニックになります。

その為、別れると決めてからは時間をかけて序所に気持ちが冷めていることを伝えていく必要があります。

別れると決めてから、別れの準備に取り掛かってください。

ポイントは、少し時間をかけて「私への愛がなくなっている」と相手に感じさせることです。

相手があなたへの恋愛感情が高まっていればいるほど、別れずらくなります。

その為、相手の気持ちをあなたから、少しでも離れさせる努力をしてください。

あなたが仕事や旅行などの理由で何かと忙しくなって、あなたと連絡が取れない、会えないのは仕方ないことと割り切れるような理由を作れると相手を自然と冷静にさせることが出来ます。

【別れる準備~彼女の気持ちを離れさせる方法~】

1、キス、スキンシップ、SEXはしない

相手が求めてきても、何かと理由をつけて断ってください。

男の方にとって、いくら恋愛感情がもうなくなってきているとしても、女性が横にいたら手を出してしまいがちです。

しかし、体の関係を切らないと、体だけの関係が続いたりする原因にもなり、結局別れられないや新しい恋への妨げになります。

 

2、連絡頻度を減らす

今までとってた連絡回数よりも明らかに減らし、相手から連絡があった場合のみ返信し、自分から積極的に送るのは辞めましょう。

メールの内容も愛しているや好き、会いたいなどの恋愛文言は送るのは禁止です。

 

3、会わない

会わない時間を作ることはとても大切です。

旅行などで1ヶ月程度海外旅行にいける方は、これを期に海外旅行された方が、連絡がなかなから取れない理由も会えない理由も理解しやすく、その旅行期間中に、相手の方も冷静になれます。

デートに誘われても断るなど、会わない時間を作ってください。

 

2、大事な話があるから会おうと切り出す

日本人は周りを気にしたり、察することができるので、距離を置きだした相手がいきなり、大事な話があると連絡してきたら、誰しもが別れ話だろうと察します。

会う場所は、部屋とかではなく、カフェなど人気のある明るい場所、話が終わったらすぐに帰れるような場所を選びます。

2人きりになるような場所だと彼女がより感情的になりやすい為、人目のある場所を選びます。

彼女が人目を気にすることで、気持ちを落ち着かせることが出来るでしょう。

 

3、別れ話にウソは言わない

あなたが良かれと思って嘘をつくと、本当の理由がハッキリと分からなくなり、相手が混乱します。

例えば、あなたに既に好きな人ができたのであれば、きちんとそれを伝えてください。
「ごめんね。他に好きな人が出来ちゃった。」

「ごめん。もう恋愛感情がなくなってるんだ。」

など、あなたの理由をハッキリと伝え、別れを切り出すことが大切です。

 

 

4、優柔不断にならない

彼女があなたを好きであればあるほど、どうにかしようとあれやこれやと提案や質問してきます。

その際に、あなたの決心ににぶりがないことを必ず示してください。

あなたが少しでも優柔不断になると、相手はその隙を見逃さずに、あなたの関係を続けようと必死になるでしょう。

一度恋愛関係にあった仲であれば、どうにかしたら気持ちを取り戻せるのではないかと彼女は思うでしょう。

そこで、何を提案されても、ブレない強い意思が必要です。

 

5、友達関係に戻らない

別れる話をした際に、彼女は納得したように見せて、「じゃぁ、友達としてなら連絡したり、会ったりしてもいいかな」という話をする女性は多いです。

一度恋愛関係にあった男女が簡単に友達関係に戻ることは出来ません。

彼女の気持ちを冷めさせるため、彼女が次の新しい恋へ進んでくれるようにするためには、友達関係に戻ることなく連絡を取らないことが彼女へ本当の優しさでもあります。

もちろん半年後、何年後か彼女どうしているかなと気になったなら連絡を取り始めてもいいと思います。

しかし、それは半年以上先の話です。

 

6、彼女を責めず、自分が全て悪いことを伝える

恋人関係にあって、どちらが一方的に悪いとかはありませんが、別れる際に、彼女のここがダメなどを言い出すと、彼女が「私がだめだったんだ」と自分を責め、深く傷つき、次の恋愛に支障がでます。

あなたは悪くないということをしっかりと伝えましょう。

実際に彼女の嫌な部分がたくさん見えて別れ話を切り出す方も、少し言い方を変えるだけで彼女を傷つけずにすむでしょう。

例えば「自分に我慢が足りなかった」、「ごめんね。

自分には全て受け止められるだけの器がなかった。

」など、思いつく限りの悪役を演じましょう。

 

7、彼女との付き合いに感謝し、次を応援する

彼女と付き合っていた時間がとても楽しかったこと、また彼女には幸せになってほしいことを伝えましょう。
今は別れたい思いで嫌なことしか思い出せない方も、よく思い返せばいいことも沢山あったと思います。

それが今では全部過去のいい思い出であることを伝え、次に進む決意を話し、この別れが2人にとっていい決断だったと思えるように、相手のことも応援しましょう。

相手が早く新しい恋を見つけることがあなたを忘れる近道でもあるので、相手の幸せを心から応援できる人になりましょう。

 

 

以上、7つのポイントはいかがでしたか。

別れ話は出来れば避けたいですし、相手を傷つけたくありません。
一度は恋愛関係にあったもの同士なので、いくら過去の好きな人でも、好きだった人にはどうにかして幸せになってもらいたいと願うものです。

別れた後、相手の方と良好な人間関係を築く為、次に素敵な恋愛をする為にも、ハッキリと相手に別れを告げることが相手にとっての一番の優しさだと思います。

ハッキリと別れを告げることで、今は辛いと思っている彼女も後々は傷が癒えて、新しい恋愛へ進んでいきます。

なんだか理由がうやむやなまま、自分が悪いんだと思って別れると、彼女は長い間傷つき、それがきっかけとなって恋愛に臆病になったりもします。

何が本当の優しさなのか、考えてあげてください。

別れたくないと必死にすがりつく彼女に少しでも可能性があるような、気を持たせるような言葉をかけるのは優しさでしょうか。

それは間違いですよね。

ハッキリ白黒つけることが、あなたが出来る彼女への最後の優しさです。


You may also like...