これだけは知っておきたい!ブラック企業の見分け方




ブラック企業には絶対に就職したくないけど、

どうやって調べたらいいの?

そんな就活生のために、ブラック企業の見分け方を紹介します。

企業

photo

 

 

求人情報で見分ける

ブラック企業の典型的な売り文句があります。

まず、収入のモデルケースの範囲が広いことです。年収300~700万 などです。

「頑張ればそれ以上も稼げます」など、

簡単に稼げるイメージを持たせる文句がある求人は要注意です。

また、「経験不問」「年齢不問」「未経験歓迎」など

応募のハードルが低い場合は離職率が高く、

社員を消耗品のように使う可能性があるため注意が必要です。

また、いつも求人を出している企業も注意が必要です。

ブラックきぎょうは離職率が高いためいつも人材が不足しているのです。

社員に対しての求人数が多いのも特徴です、

常に人材が不足しているために求人が多くなってしまうのです。

 

 

 

残業代・残業時間が明確でない

求人情報や会社説明会・面接などにおいて残業時間や残業について

明確に定義していない会社も要注意です。

残業代や時間について明記しない日本企業は多いのですが、

絶対にホワイト企業を選びたい場合は、

納得がいくまで確認しておくことが必要です。

その際の担当者の対応でも、あやふやな答えをする企業は

ブラック企業である可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

 

 

担当者の様子をチェックする

企業説明会の担当者や採用・面接担当者の様子からもブラック企業を

見分けるきっかけをつかめます。

担当者がいつも疲れ切っているように見える場合は、

忙しく激務をこなしている証拠です。

面接官同士の人間関係が面接で垣間見えることもあるでしょう。

上下関係があまりにもはっきりしていたり、

新人の扱いがざつだったりする場合は注意が必要です。

担当者の様子をチェックするのは

あくまでも自分の感覚や洞察力が頼りなので

はっきりとブラック企業を見分けることは難しいですが、

それでもインターネットの情報よりは

実際の様子を見た方がその企業の実情をより知ることができます。

面接や説明会ではどの企業も良く見せたがるものですが、

少しでも疑問を持ったら積極的に質問して疑問を解決しましょう。

 

 

 

 

新人の先輩が少ない

ブラック企業は若い人材を散々使いまわして捨てることが多い為、

結果として若い人がすぐ退職してしまうので

社内の新人の割合が少なくなります。

若い先輩が少ないというのもブラック企業の大きな特徴です。

 

 

 

 

面接や選考の対応が遅れる

「何日までにご連絡します」「履歴書はお返しします」などと言っておきながら、

そのように対応しない企業があります。

これが、連絡のとり忘れなどの凡ミスです。

採用担当者はたくさんの人数の選考をしないといけないために

忙しさでミスが起こることが多いのです。

応募している人をおろそかにし、

このような凡ミスがある企業には注意が必要です。

怪しい企業である可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

 

 

実際に見学するのが一番

ブラック企業を見分けるには何より社内の様子を見学することが一番です。

職場を見学させてもらえる機会があれば、

面倒くさがらずにぜひ見ておきましょう。

社内の雰囲気や働く環境をみれば違和感に気づきやすくなります。

また、見学する機会がない場合は実際に働いている人や

以前働いていた人に話を聞きに行きましょう。

ただ、実際に働いている人の話を聴く際にはその人の立場で

バイアスがかかっている場合も多くありますので

自分の目でしっかり確かめましょう。

質問があればその際にしてみて、その対応をみるのもいいでしょう。

 

 

 

まとめ

ブラック企業が問題になっていますが、その見分け方は難しいものです。

でも求人情報でブラック企業の特徴を押さえておくことで、

ホワイト企業を選べる可能性は高くなります。

就職・転職の際はぜひブラック企業の特徴を押さえ、

残業時間についても調べ、多方面から検討するようにしましょう。


You may also like...