最近話題のKPOPランキングTOP5




はじめに

KPOPに興味があるけどグループが多すぎてどれから始めればいいかわからない!そんな方のために人気のKPOPグループをまとめました。

 

EXO

今やKPOPファンで知らない人はいないほどの人気を誇るEXO(エクソ)。
2012年に東方神起と同じ事務所からデビューしました。
12人グループでしたが中国人メンバーの脱退もあり、現在は9人で活躍しています。
キャッチフレーズは「 We are one!」であり、2013年に発売された初の正規アルバム「XOXO (kiss&hug)」がミリオンセラーになりました。
韓国において100万枚を超えた売り上げは2001年以来なんと12年ぶりの快挙でした。
韓国ではブレイクしている旬のアイドルを「大勢ドル」と呼んだりする。
大勢(テセ)は「勢いのある、流行の、人気の」などといった意味合い。
これらのヒット曲の中でも、特にEXOの大出世に貢献した曲は、2013年発表の「Growl」であると言えるます。

EXO 画像

photo

 

 

防弾少年団

ファンの中では、ばんたん、BTS(ビーティーエス)などの愛称で呼ばれる彼らは7人組の男性ヒップホップグループです。
2013年にデビューした彼らの特徴的なグループ名には10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めています。
韓国の主要音楽アワードで5冠を達成し、ヨーロッパの KPOP授賞式で新人賞を受賞しました。
また、メンバーのSUGAやRAP MONSTERをはじめ、メンバー自身が作詞作曲をすることで知られています。
また、2016年に入ってからは米ビルボード・ワールドチャートて14週連続TOP10入りを果たすなど、その人気は衰えるところを知りません。
KPOPアイドルとしては初めてTwitterに公式絵文字が登場するなど、新しい試みも多く行っています。

防弾少年団 画像

photo by

 

 

SEVENTEEN

SEVENTEEN(セブンティーン)は2015年にデビューした、男性13人組のブループです。
メンバーはそれぞれ、パフォーマンスチーム・ボーカルチーム・ヒップホップチームに分かれており、13人のメンバー+3つのユニット+1つのチーム=17というのが、グループ名の由来だと言います。
彼らの特徴は作詞作曲・そして振り付けまでをメンバーが行うことデス。
デビュー曲から作詞作曲をメンバーのウジが担当しており、振り付けはホシが担当している。
またメンバー内に中国人メンバーが2人、アメリカ出身メンバーが2人いることから、グローバルな自己プロデュースグループとして知られている。
デビュー当時から新人らしからぬ舞台慣れとテレビ慣れに驚いた人も少なくないという、謎が謎を呼ぶ大型新人グループです。
今年に入り、音楽番組で初の1位を獲得したことも記憶に新しいです。

SEVENTEEN

photo by

 

 

TWICE

2PMが所属する事務所、JYPから2015年にデビューしたのが9人女性グループのTWICE。
JYPのオーディション番組で選ばれた9人の中には、なんと日本人メンバー3人と台湾人メンバー1人が含まれます。
デビューからわずか44日で女性新人賞を受賞するという快挙を成し遂げ、2015年には女性新人アイドルアルバム売り上げ枚数1位を達成し、ゴールデンデスク賞のアルバム部門で新人賞を受賞しました。
最新シングルである「CHEER UP」は音楽番組で1位を受賞し、その歌詞の「シャシャシャ」という部分が、可愛らしい振付とともに大人気で、様々なKPOPアイドルがこの部分を真似するなど、ブームにもなっています。
様々な賞を総なめにする新人女性グループTWICEから目が離せません!

TWICE

photo

 

 

BIG BANG

最後にご紹介するのは、不動の人気を誇るBIGBANGです。
KPOPの人気を確固たるものにし、世界にKPOPを知らしめたのは彼らだと言っても過言ではないでしょう。
彼らは2006年にデビューし、メンバーの入れ替わりもなく今まで活動しています。
デビュー当時から衰えない人気を誇り、楽曲だけでなくそのファッションやヘアスタイルまで全てが魅力的なグループです。

 

BIG BANG 画像

photo

 

まとめ

いかがでしょうか?毎年デビューする多くのKPOPグループから、今や確固たる地位を築いたと言えるEXOと防弾少年団、話題の新人グループであるSEVENTEENとTWICE、そして不動の人気を誇るBIGBANGをご紹介しました。
ぜひきになるグループの歌とダンスを見てみてください!虜になること間違いなしです!


You may also like...