やりたい仕事がない時の仕事のさがし方




やりたいことがなくて就職活動で困ってしまう就活生は多くいます。

そんな人はどうすればいいのでしょうか?

やりたい仕事を考える

photo

 

就活時にやりたいことがなくてもいい!

やりたいことがないという考えの根本には、

「なにか好きなことを一つだけ絞ってそれを極めるべき」

という考えがあるのではないでしょうか?

 

しかし興味があることとと才能があることは一致しないことが多いのですですので、

やりたいことを一つに絞らず、

一旦興味は置いておいて、得意なことをやってみるのはどうでしょうか?

 

 

 

 

何がうまくできるか考える

今までに周りから褒められたことや、

やっていてうまくできたことを思い出してみましょう。

「やりたいこと」よりも、「うまくできること」を選ぶ方が、

結果として仕事を長く続けることができ、

会社からも喜ばれ、実績が残ることになります。

働き出すと、見える世界が広がり、

自分ができることも増えるので、

その中で何かに興味が出てくることもあるでしょう。

好きなことは働き始めてから見えてくることも多いのです。

就活の段階で好きなことがないのは言ってみれば当たり前の事。

働く前に好きな仕事を見つけるのは至難の技なのです。

 

 

 

 

 

やりたいことがない、得意なこともわからない時は?

やりたいこともないし自分が何が得意かわからないという人も多くいるでしょう。

そんな人は自分の人生を振り返ってみることがオススメです。

子どもの頃、人に褒められたことはないですか?

それはなんでしょうか?

やっていて楽しかったことはなんですか?

自分が一番生き生きしていたのは何をしていた時でしょうか?

逆に、これだけはやりたくないこと、やっていて楽しくなかったことはなんですか?

それが実はあなたがしたいことの裏返しかもしれません。

そこまで思い出してみても何も出なかった人は、

みじかなひとに自分の強みや特徴を聞いてみるのもいいでしょう。

以外と自分より他人の方が自分の良さを知っていることもあるのです。

 

 

 

 

楽しそうなことを仕事にしてみる

やりたいことも得意なこともないと思う方は、

楽しそうなことを仕事にするのはどうでしょうか?

本が好きだから本屋で働くのが楽しそう。

出版社もいいかもしれない。

ライターとして働く道はないだろうか?

自分の「好き」から、広がる可能性はいくらでもあります。

趣味として「好き」なことや楽しいことを仕事にしてみることもできるかもしれません。

これは仕事にならないだろうと決めつけないで、可能性を信じてみましょう。

 

 

 

 

どうにもならない時は動いてみよう

考えても答えが見つからない時は、とにかく動くことで答えが見つかることもあります。

とにかく先輩に話を聞いてみる、

インターンをしてみる、

面白そうな仕事をしている人に会ってみる、

本を読んでみる。

旅に出て行ったことのない場所に行ってみる。

なんでもいいので具体的に動いてみましょう。

ずっと悩むことで時間を無駄遣いするのは非常にもったいないです。

決断しないことが時に大きな失敗になることもあるのです。

いつまでも悩んでばかりいるのはやめて、具体的に動いてみましょう。

 

 

 

 

誰もあなたの立場にはなれない

だれひとりとしてあなたと同じ立場で物事を考えられる人はいません。

あなたの興味、関心、やりたいことを考慮してあなたの仕事を決めるのは

あなたしかいないのです。

誰に相談しても、結局最後に決めるのはあなたです。

最後は決断する勇気を持ちましょう。

その勇気を持つ手段として、先輩に話を聞いたり、

具体的に動いたりして知識と経験を積めばいいのです。

どこかに正しい答えがあって、誰かがそれを教えてくれるはず。

そんなことは決してないのです。

 

 

 

 

 

まとめ

やりたいことがなくて就職できない!

そうがんじがらめになっている人は、

ぜひ得意なこと好きなことを見つけることから始めてみてください。

それでもわからない場合は具体的に動いてみましょう。

きっと就職の糸口が見つかることでしょう。


You may also like...