英語面接で準備しておくべきポイント




はじめに

海外で働きたい人にとって、英語での面接は避けて通れないポイントです。

面接を受けるだけでも緊張するのに、

それを英語で行うとなると十分な準備が必要です。

英語で面接を受ける際に準備しておくべきことと、使えるフレーズをご紹介します。

 

面接 英語

photo

 

 

 

 

よく聞かれる質問の答えを準備する

面接で聞かれることは日本で聞かれることとほとんど同じです。

基本的な質問

「どうしてこの仕事を選びましたか。」

「あなたの強みと弱みはなんだとおもいますか」

「我が社にどのように貢献できますか」

などの答えをあらかじめ用意して連取しておきましょう。

また、海外で働く際に聞かれる特別な質問としては、

「どうしてこの国を選びましたか。」

「何年ここで働くつもりですか」

「海外で働く覚悟はありますか」

などが挙げられます。

これらは日本の面接で聞かれることはほとんどないので、

個別に用意しておく必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

Tell me about yourselfへの答えを用意する

英語での面接では、あなた自身について聞かれる機会が増えます。

だいたい2分程度で自分自身について説明をできるようにしましょう。

その際にまとめたいことは、

今までの職歴・学歴・アピールしたいスキル・仕事での功績・この仕事でどのように活躍したいかなどです。

面接では開口一番に聞かれることもある質問なので

あたふたしないためにもあらかじめ準備したほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

模範解答準備のポイント

模範解答をあらかじめ準備することは大事ですが、

その準備の際にもポイントがあります。

英語での面接だと緊張するので

模範解答を文章で書いてすべて暗記しようとする方がいますが、

それでは台本を読んでいるようにきこえてしまうので印象が良くありません。

そこで模範解答を箇条書きにしてそれを暗記しておくことをお勧めします。

面接本番でその箇条書きにした文を元に答えていけば良いのです。

とはいえ、いきなり文章にするのは難しいので

箇条書きした解答を元に実際に面接を想定して声に出して練習する必要があります。で

きれば英語のできる人に面接官役をしてもらって練習するのがいいでしょう。

 

 

 

 

 

マナーを守る

日本語の面接と同じように、応募企業について知る事はマナーだと言えます。

十分に下調べをした上で面接に臨みましょう。

また、目をみてしっかり話すこともマナーです。

日本語での面接以上に気をつけて行いましょう。

また、結論を先に述べ、簡潔に話すことも大事です。

 

 

 

 

 

使えるフレーズ集

自己アピールの際に使えるフレーズ集です。

1. I’m good at multi-tasking(私はマルチタスクが得意です)

雇用者はマルチタスクができる人材を好みます。

今までの仕事でどのように複数の仕事を同時にこなしてきたかなど、

実例と共にアピールしましょう。

 

2. I’m eager to learn(私には新しいことを学ぶ意欲があります)

新しいことを学ぶ意欲がある人材はどこでも需要があります。

このように、新しいスキルをまなぶ意欲があると言うことで

そのポジションや会社に非常に興味があるということもアピールできます。

 

 

3. I’m looking for the chance to progress(私には向上心があります)

今あるスキルだけでなく、これからスキルをかくとくしてさらに会社に必要とされる人材になろうとしていることを伝えましょう。

 

 

4. I perform well under pressure(私はプレッシャーに強いです)

海外で働くのですから、日本で働くよりも大変なことがあるでしょう。

それらの負担やプレッシャーにも耐えられることを伝えましょう。

以前にしていた仕事での経験をもとに語れば説得力がでるでしょう。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

英語での面接は日本語でするよりも緊張してしまうことが考えられるので

事前の準備が欠かせません。

 

されやすい質問と典型的な質問に対する答えを箇条書きで準備しておきましょう。

準備をしっかり行い、堂々と受け答えができればそれだけで印象も良くなり、

採用される可能性も高くなるでしょう。


You may also like...